上司に喜ばれる還暦のプレゼントとは?

自分の両親や親戚の還暦祝いなら特別悩む事もありませんが、所属している会社の上司が還暦の場合、部署の皆からのプレゼントとして贈る場合、何をプレゼントしたらよいか悩ましい限りです。

目上の人に対するギフトは様々なタブーもあり、失礼に当たらない物を贈らなければという固定概念に縛られると、結局差しさわりのないお酒だったり、マフラーのような一般的な商品に治まりがちです。しかし折角なら上司に喜んで欲しい、いつも叱咤激励しながら今迄育ててくれたお礼に何が良いか、貰って嬉しかったギフトからそのヒントを見つけましょう。

まず、上司の性格を分析する事、趣味嗜好を把握する事から始めます。例えばアクティブな人ならゴルフコースの付いた宿泊券を貰って大喜び、釣りや登山と言ったそれぞれの趣味をダイレクトにプレゼントする方法も斬新で、ペアチケットを用意して「奥様と一緒に楽しんでください」と添えても良いでしょう。

仕事一筋の人程、家族サービスが疎かになりがちです。部下達から貰ったと言えば、違和感なく夫婦水入らずで温泉旅行を楽しめる事間違いなしです。こうした参加型のプレゼントは昨今人気の商品となっています。

形に残る物を贈りたい場合は、還暦なので赤色マストではなく、その人が好きな色をあしらったブランド物のハイクオリティな帽子やサングラス等もお勧めです。自分では購入しないけれど、あれば使う機会が多い小物は重宝します。

いずれの場合も当然予算があるので、最初から予算内で収まる範囲で探す事がポイントです。

部署一同で贈るなら、最大予算を考案しておくのも1つの手段です。ブランド物となると、例え小物雑貨と言えど、かなりのプライスになります。おしゃれな上司なら手袋やストールでも喜んでくれます。

男性目線でばかり紹介して来ましたが、女性の上司に贈る場合はよりバラエティ―豊富になります。エステ付きの高級ホテル1泊チケット、その人に似合うフレグランス、バッグなど、女性は好みさえ分かればより選び易い傾向にあります。同姓目線で選ぶのが間違いないので、部署の中で親しい人から情報を得る事がポイントです。

贈る際、必ず部署一同からのギフトである事が分かる様に、差出人を記載するのをお忘れなく。受け取った側も個人的に貰うより、複数人で贈られる方が気持ちも楽ですし、嬉しさも倍増します。一言ずつ言葉の贈り物を添えると尚良いでしょう。手紙程長くなくて良いのです、率直なおめでとう、という気持ちが伝わるギフトを選んでください。

上司に喜ばれる還暦のプレゼントとは?