還暦のお祝いで喜ばれるプレゼントランキング

還暦は満60歳で干支が1回りして、自分の生まれ年の干支に戻ることです。日本では古来から還暦を迎えた方に、生まれた時にかえるという意味を込めて、赤い物を贈ります。赤は魔よけの色と言われていて、赤ちゃんの産着にも使われる色です。従来では赤い頭巾やちゃんちゃんこのような衣服が贈られたものですが、現在ではまだまだ現役という方が多いため、贈られても年寄りじみていて喜ばれないことが多いです。

還暦のお祝いで喜ばれるプレゼントでランキングの上位に来るものは、若々しい60歳の方が使いやすい品物と言われています。お祝いの品の金額は、1万円から5万円と幅広いですが、本人が喜びそうなものなら1万円台の品物でも構わないでしょう。むしろ、子供の立場から親に還暦祝いを贈る場合、あまりにも高額な品物ですと、気を使われてしまう恐れがあります。

赤い色にこだわるなら、このような品物が喜ばれるでしょう。おしゃれな女性ならサンゴやルビー等の赤い石をあしらった、ネックレスやブレスレット、イヤリングやピアス等のアクセサリー類もおすすめです。赤色で派手だと尻込みされそうな場合は、小さめの石をあしらったアクセサリーや、赤い石でも、ピンク寄りやオレンジ寄りの色味の物を選ぶといいでしょう。

アクセサリーをあまり付けない方なら、バッグや財布、バッグインバッグやポーチとセットになっている物も人気があります。なかなかバッグや財布を購入するのにきっかけがつかめない方も多いです。こちらもアクセサリーと同様に、相手の好みに合わせてピンクやオレンジ寄りの色目にしても構いません。

女性は花束やブーケを好む方もいますので、品物が思いつかない場合は、真紅のバラのフラワーアレンジメントも豪華で喜んでもらえます。

男性に贈る場合は、実用的な品物が喜ばれるでしょう。赤が身に付けにくい場合は、えんじや暗い赤色の贈り物でも構いません。まだまだ現役で仕事をこなしている方は、ネクタイやタイピン、カフスが喜ばれます。定年退職をして、ネクタイを付ける機会が少ない場合は、ブランド物のハンカチやタオルのセットもいいですし、靴下も喜ばれることもあります。

趣味の物からプレゼントを選んでもいいでしょう。ゴルフ好きの方なら、クラブを入れるバッグや手袋を選んでもいいですし、読書が好きな方なら、ブックカバーや栞のセットにしてもいいでしょう。お酒を嗜む方なら、赤ワインとおつまみという組み合わせもいいですし、日本酒に赤茶系の色のカップを付けても使ってもらえます。

お父さんに喜ばれる還暦のプレゼントとは?